しおり文庫

ページにしおりをさすような くらしのなかの めじるし写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

秋川をながめる

250年前の古民家を改築してつくられた黒茶屋へよった。

下の写真、こんもりした丘に見えるが、実は家屋の屋根。
こけむして、ヤマユリが咲いている。
自然の中でゆっくりと変化してきた時間がそこにある。

黒茶屋



黒茶屋のある一帯は、水車やおみやげ処、野外テラスが点在し、
小さな庭園をあるくように見てまわれるのが楽しい。

黒茶屋2

黒茶屋3



緑の中に、とけこむような日本家屋。

黒茶屋4



秋川へおりて、川の中ほどにある大きな岩によじのぼった。

黒茶屋5



すると、重そうに飛ぶ一匹のカブトムシがやってきて…。
手をのばすと、すっぽり手のひらの中におさまった。
生まれてはじめて、素手で飛んでいるカブトムシをつかまえてしまった。

黒茶屋6


  1. 2010/08/01(日) 18:01:00|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の軽井沢

妹夫婦に会いに長野へ。
そのあと軽井沢にとまる予定の小旅行。

軽井沢ハイク1


ホテルにチェックインして、すぐにあたりを歩いてみた。
林の奥にひっそりとたたずむ別荘があちこちに見える。
かくれるように建っていて、人の気配を感じさせない。
やっぱりここは避暑地。
日々のしがらみからのがれて、生活の気配を消す場所なんだ。

軽井沢ハイク16

軽井沢ハイク17


雲場池に着いた。
しとしと降りつづける小雨のせいで他の観光客のすがたはない。
池にできる小さな波紋をながめていると、本当に静かだ。
カサをさすのをやめた。
カサの外は、意外に明るい。

軽井沢ハイク3


帰り道、むこうからやってきたカルガモの親子と鉢合わせになる。

軽井沢ハイク4


日が落ちると、ゆっくりと霧がたちこめてきた。
ホテルの窓から木にとりつけられた野鳥の巣箱がいくつも見える。
どこからか鳴き声はするものの、それが何の鳥なのかわからない。
夕食後、巣箱をそっとのぞいてみたけど、丸く黒い穴があるだけだった。

軽井沢ハイク9


翌朝、早めに起きて中軽井沢。
湯川のそばにあるハルニレテラスまで歩く。
洒落たお店が小さな集落のように集まっている。
遊歩道は星のやへと続いているようだ。
テラスにたつと川の音がする。

軽井沢ハイク19

軽井沢ハイク21


小腹がすいて丸山珈琲に立ちよった。
ブックカフェで店内の本を自由に読めて、買うこともできる。
つい本があると長居してしまうくせがでた。

軽井沢ハイク20


少しのあいだ湯川におりて、それから野鳥の森へむかう。
もっと森の奥へはいっていきたいが、そろそろ時間だ。
じつは熊に注意の看板にもすこしひるんでいる。

終日、雨のドームにつつまれた旅行だったが
それが心地よかった。
雨の日には雨のよさがある。
静かで、森が香り、ふしぎと明るさに満ちて。

軽井沢ハイク24




  1. 2010/07/30(金) 00:06:48|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

読書のかたち

むかしふうに書見台にむかってページを繰るのも
ねそべりながらiphoneをタップするのも
どちらも今の読書のかたち。

dokusho.jpg
  1. 2010/06/14(月) 00:05:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1日カフェ

横浜で友人がひらいた1日かぎりのカフェ。
またのOPENを期待して、小さい冊子に記録しよう。


pancake cafe


pancake cafe2

  1. 2010/06/01(火) 23:27:52|
  2. 食べ物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正午の風景

あてもなく商店街を歩いていると
お店の前で小さなカップに入った
ジェラートをもらった。

P5012220.jpg

そろそろ正午か。
日差しが変わってきた。
空気も光もかわろうとしている。

P5012212.jpg



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2010/05/21(金) 23:46:40|
  2. 散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。